プチフランス~東京日仏学院~

ここは、私のフランス語の原点。東京日仏学院です。近くまで行ったので寄ってみました。
最初に訪れたのは10年くらい前になります。(・・はやい)
たしか、雑誌で紹介されてたここの図書館に惹かれたのがきっかけ。図書館の奥のはしご付の本棚は、今も変わらず(ちょっと安心)。でも、残念ながら、受付とか図書館の入り口付近とかイマドキにきれいに改装されてました。

この建物は、ル・コルビュジェと一緒に働いていた建築家、坂倉準三氏設計です。
東京日仏学院の外観は、こちら。 私が好きなのは、本屋さん脇の入り口から3階まで一気に上る廻り階段。広いバルコニーのある教室といくつかの教室があります。段差が微妙に違ったりしてる階段もなんだかとても好き。いくつもの入り口や、迷ってしまいそうな構造も。

d0024264_0383897.jpg

その建物の1階。東京だというのに、緑たっぷりー。雰囲気もいい。こんなとこで、本でもゆっくり読みたいなぁ。

フランス語を習いに通っていた頃、ここにあるレストランのクレームキャラメル大好きでした。すごーくシンプルなものなのだれど、そのシンプルさがなんともね。(今は、経営者が変わってしまって、もう食べることはできないのだけど。。)学院生のあいだで評判だったんですよ。お茶だけとかもできたので、ときどき授業のあとに寄ったりして・・。学期の最後の授業のあと、ここでみんなでランチを食べたりもしました。フランス人の先生を囲んで。職業も年齢も違うのに、みんなフランス好きでやってきていて、そういうのも新鮮でした。会社にいると、そういう出会いって少ないでしょ。

懐かしい・・。





新宿canonにカメラの修理に。16時までに持っていくと、その日のうちに修理可能とのこと。
カメラをあずけて、西新宿を散歩しました。改めて見ると高層ビルってすごいですね。なんか落ちてきそうな圧迫感。コンランにも行きました。コンランカフェができていました。ここのコンランは、グレーな透明感があるっていつも思います。甲州街道沿いのyamayaにも寄ってみました。リキュールとか、フランスでおなじみのものがいっぱいあって、うれしくなる!

2時間たたないうちに戻ってしまったのに、カメラの修理はすっかりできあがってました。
すごすぎ。日本のサービスは、すごいねぇ。驚きでした。(フランスだったら、1ヶ月は、かるーくかかるね、きっと。)

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-15 01:41 | JAPON
<< グラース日記12 グラース日記11 >>