カフェメニュー~コーヒー~

d0024264_1572646.jpg
フランスのカフェで普通にカフェと
頼んだら、エスプレッソがでてきます。
日本でもだいぶ知られるようになったエスプレッソだけど、濃厚なコーヒーが苦手な人、結構多いもの。
でも、実は、コーヒー豆の炒りが深いので、アメリカンなどのコーヒーよりも胃にはやさしいのです。

←フランス式のカプチーノ。


フランスのカフェメニュー 
cafe・・・エスプレッソコーヒー
grande cafe・・・cafeの2倍の量のエスプレッソコーヒー
decafeine・・・カフェインなしのコーヒー
cafe arronge・・・大きめのコーヒーカップに半分のエスプレッソコーヒー。
             お湯が添えられているので、自分で濃さを調整できる。
noisette・・・cafeにクリーム別添え。クリームを入れるとコーヒーの色が
         ノワゼット色になることから、この名前がついたらしい。
cafe creme・・・noisetteよりも多めのクリーム別添え
cappuccino・・・エスプレッソにホイップクリームがたっぷり。イタリアのカプチーノと
           いえば、あわ立てミルクだけど、これは、まったくの別物。
cafe au lait・・・こちらは、クリームではなくあたためた牛乳をコーヒーに混ぜたもの。
           牛乳とコーヒーの量は、同じくらいかな。パリにある老舗のカフェでは、
           コーヒーと牛乳をそれぞれピッチャーに入れてもってきてくれます。

コーヒーの部類には入らないけど、マメつながりってことで
chocolat・・・冬に人気なショコラ。かなり濃厚なものもあります。これは、ほんとに
         お店によってかなり違う。一番おいしいのは、チョコレートを溶かして、
         スパイスや牛乳を混ぜてつくったもの。かなりしあわせになれます。
chocolat viennois・・・ショコラにたっぷりのホイップクリーム。
[PR]
by latartine | 2005-04-11 02:10 | カフェ
<< タストヴァン フランスのカフェとは・・ >>