Rainett

フランスの洗剤は、香りも液も強いようで、すぐに手あれをおこします。
ゴム手袋をすればいいのですが、どうも苦手で・・・。

そんな私の強い味方!
パッケージに惹かれて買ったのですが、肌にやさしく、香りもマイルド。
d0024264_90246.jpg

Rainettシリーズ。
ブルーの食器用洗剤は、白い泡の粒のビタミン入り。ソーダみたいで見た目もきれい。
グリーンのお風呂洗剤は、グレープシードオイル配合。これがいいのか、石灰水で白くなってしまった水道もぴかぴかになります。ぴかぴかなんて上手な表現じゃないけど、でもぴかぴかになるの。これは、ちょっとうれしくなる。洗面所もキッチンの水道もこれで磨いてぴかぴか。(←しつこい)

ナチュラル感は、WWF登録商品でもあるからなのかも。パンだのマークが目印です。

ここまでほめておいてなんですけど、これ、おフランス製ではありません、お隣ドイツのもの。なんとなく納得してしまったりして・・・。


***-----------***-----------***
日本への帰国は、1月になりそうです。それまでは、全力でフランス暮らしをお届けします!!

1クリックシルブプレ
人気blogランキングへ

[PR]
by latartine | 2005-11-24 09:14 | 雑貨
<< ヴィエノワズリー日記4 ノエル仕度と冬のお茶 >>