カテゴリ:グラース日記( 15 )

グラース日記 au JAPON

おいしいジェラートがあるっていうので、日高にある加藤牧場に行ってきました。
d0024264_2216394.jpg

ここは、牧場直営です。近くに行くとこんなコンテナが・・

d0024264_22155165.jpg
ジェラートをいただく前に牛舎へ。いろんな種類の牛がいました。フランスの牛と違うのは、ここでは、放牧されてないこと。その分えさに工夫があるんでしょうね。風土や生活習慣で飼育の仕方って違いますね。
そうそう、牛乳の味も日本とフランスでは、違うんですよ。フランスでは、一般的なのが、低脂肪乳で、常温乳。私はこれが苦手で、いつも普通の牛乳の冷蔵タイプ。こちらは、通常、お菓子作りなどにつかわれることがおおいみたいです。私の好きなのは、家カフェで紹介した農場直送牛乳。

加藤牧場でも牛乳売ってました。

おいしいジェラートは・・
[PR]
by latartine | 2005-08-20 22:56 | グラース日記

グラース日記14

もうすぐ7月もおわりですね。今年の夏は、ほんとに暑い。台風の次の日は、からっとしていたのに、今日はかなり高い湿度。

ストックしておいたグラース日記もとうとう最終回。
最後になって、食べたことのない味が・・
d0024264_22464549.jpg

mure;ブラックベリーです。カシスともブルーベリーとも違うちょっと大人なフルーツ。あんまりなじみのないフルーツですが、おいし~い。もう一回食べたかったな・・。
griotte;さくらんぼの名前です。このさくらんぼのリキュールもあります。ふつうのさくらんぼよりも濃厚、これが、食前酒になるといい味なんです!!ブルゴーニュは、赤い実類も隠れた名産だったりします。地元の人は、これもちゃんと知っていて、これなんですか?って聞かない、さすが!
vanille;最後はやっぱり王道バニラです。バニラビーンズたっぷりの甘すぎない濃厚で、さっぱりとしたバニラ。シンプルなだけに、ごまかしがきかない。こんなにおいしいバニラのグラース、なかなか出会えない。

グラースを買いに来る人は、いろ~んなひとが・・
[PR]
by latartine | 2005-07-29 23:45 | グラース日記

グラース日記13

グラース売りをしていても、トリプルって言われると、えっと思うくせに、気づいたら、自分は、しっかり食べ続けてました(笑)。こうなったら、最後までトリプルで!!

d0024264_151026.jpg
この日は、久々にcaramel nutelaキャラメルヌテラ登場!!もうすぐ帰国日ってとこだったので、これは、食べておかなくちゃ。キャラメルが大人なほろ苦さ、ときどき、ヌテラがでてきて、ほんとにおいしい。これ、はまる。
そして、きれいなオレンジ色は、melonメロンです。フランスのメロンは、日本のメロンみたいに外皮に、しわというか、模様があるんだけど、中は、夕張メロンみたいなオレンジ色。このソルベそのものの色です。さっぱりだけど、意外と濃厚。ニコラシェフ曰く、メロンは、選ぶものによって味が左右されるから、難しい・・・。このメロンのソルベは、メロンそのもの。
そして、手前左は、pistacheピスタッシュです。緑のイメージが強いけど、ここでは、ナチュラルな色そのもので。刻んだ、ピスタッシュも入っています。ナッツ系のきらいなフランス人はいないのかなぁって思うくらいみんなピスタッシュ大好きです。人気の1品。

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-23 01:23 | グラース日記

グラース日記12

フランス、グラース日記もうすこし。

d0024264_211587.jpg

今回は、グラース3種。今日は、大人なチョイスにしてみようと、カフェ、スパイス系、そして、ウィスキーと。

初物は、cafeフランス人マダムに人気の1品です。なぜだかわからないのだけど、コーヒー味のケーキや、グラースを好むのってほぼマダム。グラースは、クリームがはいっているので、カフェオレ味って私は思います。ここのカフェ味。グラースに限らずファンが多い。しっかりとカフェの味がしておいしいです。
pain d'epice これは、2度目かな?ブルゴーニュ名物、パンデピスのスパイスを使ったグラース。観光客も珍しがって買っていきます。ちょっと冒険な選択だけど、くせになるおいしさです。お菓子道具やさんでは、パンデピスの調合スパイスが売っているくらい地元では、人気のお菓子です。
creme whiskyこちらも2度目。ウィスキー飲まないのにこれは、ほんとにおいしくいただける。さっぱりなのに、クリーミーで香りがウィスキー。もちろん、ちゃんとほのかにアルコールは、感じますが。。


今日、テレビでみたけれど、最近男性向けのスィーツ流行ってるんですね!ネット販売がかなり好調とか。(やっぱりお店に行くのははずかしいのかな?)日本も男女関係なく甘いものが堂々と食べれるといいのにね。


P.S.東京のグラースやさん、おすすめの味、おすすめのお店があればぜひおしえてください。おすすめパティスリー情報も、ぜひ!

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-17 02:21 | グラース日記

グラース日記11

今、日本ですが、グラース日記を更新。

d0024264_1274465.jpg


orange sanguine ;オレンジなんですが、果肉のスジに赤色が。グレープフレーツの
ルビーのような感じというとわかってもらえるでしょうか?普通のオレンジよりもさっぱり。
でも味がとてもしっかりしてる、意外と濃厚です。暑い夏にぴったりのソルベ。
rhubarbe;右のきれいなピンク色。酸味が強くてくせはあるけど大好きです。この日は、
何故か酸味のあるものに惹かれました。ルバーブってなんだかくせになってしまいます。
citron;レモンのソルベ。レモンってシンプルなだけに、おいしいソルベってなかなかないですよね。
さーっぱり、心地いい酸味。きれいな純白も清涼感アップ。

日本では、グラースやさんに行ってません。でもふつうのスーパーで売ってるバニラのアイスにちゃーんとバニラビーンズが入っていてびっくりしました。

私は、毎朝カフェオレを飲みますが、日本とフランスでは、牛乳の味が違う気がします。どうってうまく説明できないけれど・・。どうでしょう??

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-15 01:36 | グラース日記

グラース日記10

’’冷房あります’’は、フランスでは、日本の’’エビスあります’’と同じくらい、ちょっと気が利いてる特典!もちろん私の行ってるサロンドテには、ありません。窓全開!!今日も36度です。

本日の3種。ソルベよりもグラース派ですが、こう暑いとやっぱりソルベに惹かれます。
d0024264_614312.jpg

poire 洋梨。フランスに住んでいてうれしいことは、この洋ナシがいつでも気軽に食べられること。このソルベは、洋梨の果肉がちいさく、小さく入っていて、さっぱり甘くておいしーい。いくらでも食べられそう。色も涼しげな薄黄色!
canelle orange またまたシナモンオレンジ。なんだかすごーく食べたくなってしまって選んだもの。本日唯一のグラース。
peche de vigne (グラース日記4で登場済み)こちらもまたまた登場。こちら、大人気の一品。すごく人気があるんです。このまえ、友達の友達の日本人のひとに、おすすめありますか?って聞かれて、迷わずおすすめしたもの。子供にも大人にも大人気。それでいて、ここのスペシャリテ。ね、食べずにはいられないでしょ。

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-29 06:33 | グラース日記

グラース日記7

今日の最高気温も33度。フランス全国夏日を越して、酷暑。そのせいで、ボルドーでは、TGVの線路に、ストラスブールでは、トラムの線路でトラブル発生。パリは、雷雨で洪水気味。あちこちでトラブルだらけです。私の好きなパリの自然史博物館では、動物の剥製にひび。(冷房が壊れてしまったらしいです)

食欲は、落ちるのに、グラースは何故か普通に食べられてしまいます。本日は、この3種。
d0024264_3494791.jpg

coco ココナッツのソルベ。ココナッツというと今まで食べたことがあるのは、濃厚なアイス。(アジア系のレストランのデザートなどで)でも、これは、ソルベ。ひときわ白いココに惹かれていたのですが、なかなかタイミング合わず・・・。お味は、ココナッツのつぶつぶがちゃんと残るさっぱりしたお味。こんなのあり?なかんじです。ひそかに人気なココナッツ。納得!!これ、ほんとにおいしいです。フランス語では、noix de coco、(ノアデココ)この響きも気に入っていたりします。
pinacolada これは、coco (ココナッツ)ananas(パイナップル) rhum(ラム酒)がミックスされたグラース。ラムの香りがほどよくて、ココの味にほのかなパイナップル(←実はちょっと苦手です)。ラムレーズンでも使われていますが、お菓子で使われるラムは、ホワイトラム。ラムはウィスキーと同じで、私は普段、そのままではあまり飲まないけれど、ほんとに香りがよくっていい~。大人のアイスです。
abricot アブリコット、杏です。これは、なかなかねっとりとした濃厚なソルベ。杏そのものの甘さ控えめなお味です。きれいなオレンジ色が印象的。
個人的には、アブリコは、生のままタルトかコンポートが好きかなー。

今日の帰り道、パンプスを片手に裸足で歩いているフランス女性を見かけました。理由はわからないけれど、石畳の道だったので、なんだか気持ちよさそうでした。ちょっと真似したい衝動にかられました。(抑えたけど・・笑)暑くなると、いつもよりいろいろどうでもよくなるよね!?

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!


P.S.グラース日記よくみたら7が抜けてました。なので、暑さにまぎれてつけたしてみました(笑)
[PR]
by latartine | 2005-06-24 04:11 | グラース日記

グラース日記9

週末から毎日真夏日。毎日30度を超えています。夏なのは、いいけれど、この暑さでかなり体力消耗。今年のフランスの夏は、2年前の猛暑到来なのでしょうか?この暑さ、しばらく続くそうです。。。

本日は、グラース3種。なんとなく選んだけれど、どれもハーブ、植物系もの。
d0024264_815878.jpg

reglisse mure 昨日食べたものは、インパクトがなかったってことで、今日は新しく別のレシピでつくったもの。こちらは、違いをわかるようにと、味見指定されました。カンゾウの味が口に程よく残って、それにしても同じものとは思えない色と味!シナモンも、パンデピスの混合スパイスも、スパイス系は、好きなのでこのくらいのインパクトある方が好き。私は断然、この新バージョン派。って言っても、カンゾウの入ったグラースって聞くとあんまり選ばないかも。
rhum raisinこれは、前にも味見したかもしれないと思いつつ、選んでしまいました。白葡萄のレーズンが入ってます。かなりゆるーいアイス、溶けているのかと見間違うほど。。ラムの香りが広がって心地いい。シナモン味のクッキーと一緒に食べたいなぁと思いました。
作りかたが違うのかこっちのレーズンは、甘みが強くてジューシー。(日本のものは、乾燥しすぎな気がするのですが・・)シナモン味のクッキーと一緒に食べたら、きっとさらにおいしさ倍増なはず。
choco menthe 実は、この味苦手でした。ミントのアイスクリームって冷たいので、スーッとする感が倍増して、どうも好きになれなくて。さらに、そこに甘いチョコ。この組み合わせは、邪道って思ってました。(笑)でも、ところが、このグラースは、やっぽりすごい。ミントのスーッと感が強すぎなくて、チョコは、カリカリとするものが入ってます。甘すぎないチョコとカリカリと程よいさわやかミントがなかなか。太陽がまぶしい夏の日に木陰で食べたいグラースです。

レギュラーは、ほとんど味見をしたかなってとこです。まだすこーし残ってるのは、日本でもおなじみのものや、希少価値のもの(タイミングが難しい・・)

フランスのグラースは、季節限定。ここも7月の途中から1ヶ月のヴァカンスに入るのでチャンスは、あとすこし。果たして40種類制覇なるか?!

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-23 08:10 | グラース日記

グラース日記8

いつもは、グラーがよくわかるようにとアップなんですが、本日は、ゴーフレットの形もみていただこうと、ちょっと遠め。このサロンドテ仕様のゴーフレット、名前は、チューリップ、トリプルがマキシマムです。外売りのグラースは、普通のかたちのコーン。フランス語では、コルネ。どちらも1枚1枚手作り。これまた美味、大好きです。日によって微妙に形も焼き加減も違うところは、手作りならでは。
そして、このゴーフレット、冷えすぎてしまう舌の温度を戻して、ちゃんとおいしさが味わえるようにする役割があるんですよ!
d0024264_18585620.jpg

figue きれいなヴァイオレット色。 これは、いちじくそのものの味。甘みもかなり控えめです。生いちじくがお好きならいいかも。私は、生のいちじくちょっと苦手です。そのままの味がしすぎないほうが好き。いちじくのつぶつぶ感は、好きなんですけどね。
reglisse mure  regurisseって何?と聞いたら、シナモンに似たスパイスという説明。気になって辞書で調べてみたら、日本名は、カンゾウ。漢方にもなるくらいの薬草扱いのものでした。・・・ふうん。これは、かすかに何かスパイスめいた味がするかもってくらい。わりとさっぱりしたかんじのグラースです。
cassis きれいなボルドー色。これ、見過ごしてました。ブルゴーニュの名物で有名なキールのもと、カシスです。甘酸っぱいというよりは、酸っぱいとストレートに言いたい味。でも、心地いい酸味です。ソルベの中では、色と共にインパクトのある味なので、これは、下になる確率の多い味。

最近、日本人の観光客も増えてきました。二人組が多いので、日本語が聞こえると、日本語で話しかけてみたりします。最初は、すごーくびっくりされて、そのあとちょっとほっとされるみたい。街のふつーの店に日本人がいるからでしょうね。
「どちらからですか?」とか「ご旅行ですか?」とかたずねてみたりします。今日のご夫婦は、ツアー旅行の参加者の方でした。これからマルセイユ方面に行って帰られるとか、フランス旅行がいい思い出になってくれるといいなぁ・・。

でも、そのあとが大変。オーナーのヴァルは、日本好きなので、いろいろと質問してきます。「さっきの人は、旅行?」とか、「それでへぇーって言ってたのね」とか、「トウキョウは、わかったわ」とか。。。
簡単に説明するのですが、とっさの切り替えって難しい。フランス語で説明しながら、日本語の単語がでてきたりしちゃうのです・・・(汗)
ただでさえ、ままならぬフランス語がめちゃくちゃ(汗、汗)


フランス語上達の道は、険し・・・。


Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-18 19:18 | グラース日記

グラース日記6

大変ご無沙汰しておりました。テスト、やっとおわりましたーー。ふぅ~。
コメントたくさんありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!

お休み中いろんなことがあったので、すこしづつアップしていきたいと思います。
で、やっぱり再開第一弾は、やっぱりグラース日記から・・・

d0024264_281646.jpg

chocolat 濃厚なビターなチョコレートのグラースです。ここでは、フランス高級チョコレート、ヴァローナのものを使用。
(フランスの多くのショコラティエが選ぶショコラメーカー。ヴァローナ自体も板チョコなどを販売してます。でも、これ、その辺のスーパーでは、お目にかかれないシロモノです)
チョコレートは、好きだけど、チョコレートの加工品(アイス、クリームなど)がどちらかというと苦手な私もおいしくいただきました。
子供には、ちょっと贅沢じゃない?って思ってしまう味。年齢問わず不動の人気の一品です。

vanille antique バニラのアイスに香ばしく焼き上げたアーモンドが入っています。マダカスカル産のバニラを贅沢に使用。香り高く脳の中までバニラでいっぱいになります。マダカスカルは、コーヒー、カカオでも知られますがここのバニラは、超一級品。粒の大きさから香りから、よくあるバニラとは似て非なるもの。香ばしいアーモンドが心地いいです。

nougartヌガーのかけらが入っています。キャラメルのような感触のヌガーは、フランスのどこかの地方の名物です。さっぱりしたクリームアイスにときどきあめをくだいたようなかりっとした甘さ。フランス人なら誰でも知っているヌガー味です。

アイスクリームを買うとき、どのタイプを選びますか?シンプル?ダブル?トリプル?

フランスで圧倒的に多いのは、ダブル。ダブルだと、通常のコーンには、2段がさねになります。(私がいつも食べてるチューリップ型コーンは、サロンドテ使用。)そこで、難しいのが、どっちを上にするか・・・実は、ちゃんと法則があるのです!!
わりと溶けにくそうなもの、味の濃いものが下。ショコラとバニラだったら、ショコラが下でバニラが上。(先にショコラを食べちゃうと口の中がショコラになってしまって、せっかくのバニラがおいしくいただけないから)ソルベとグラースだったら、だいたいソルベが上。ぜーんぶ手作りのグラース、特にソルベは、フルーツによって状態がさまざま。溶けてるわけじゃなくってね。そんなこともちゃーんと吟味するべく、味見は大事だったりするのです。ふふっ(←味見の正当化!)

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-15 02:35 | グラース日記