カテゴリ:私の好きなパリ( 8 )

パリのイルミネーション

d0024264_6331572.jpg
このあやしげなピンクの照明。そして、左下なにか突き出ているのわかりますか?

近づいてみると・・・

d0024264_6342964.jpgつきでているのは、首の長い動物。(きりんのような恐竜のような・・)ガラスを突き出てしまっていますが、さらにこれ、動くんですよ!
パリのプランタンのノエルのショーウィンドゥ!!プランタンの今年のテーマは『NOEL SO CRAZY』

なにかのお祭り?と疑いたくなるような照明。(クリスマスも、たしかにお祭りですけどね。)
ここまで徹底してるといいんだか、悪いんだか。この照明って、日本の渋谷とか新宿とか参考にしてるんじゃないかと思ったりします。フランス人には、かなり珍しいはず!!

フランスでは、シンプルな照明が主流なので、あの渋谷や新宿のカラフルなピカピカする照明ってかなり珍しいらしくて、トウキョウ行ったら見ておかないと!!ってものらしいです。あともうひとつ、渋谷や銀座の人が一編に交差する交差点も!!

お隣、ギャラリーラファイエットは?
[PR]
by latartine | 2005-12-17 07:07 | 私の好きなパリ

DANTE&MARIA

ブルターニュ紀行の前に、コルクのアクセホルダーから、アクセサリーつながりで・・・

d0024264_120316.jpg
私の一番好きなアクセサリーショップ。

秋のパリで紹介したお気に入りのバスティーユ界隈の道沿いにあります。
通りとは逆側なので、偶然見つけた隠れ家的なショップです。

中に入ってみると・・・
[PR]
by latartine | 2005-12-08 02:55 | 私の好きなパリ

探してたもの。

d0024264_15294.jpg

金網から除いたパリ唯一のぶどう畑。収穫後で、すっかり秋色。こちらは、まだ日付が変わっていませんが、11月17日、11月の第三木曜日。ボジョレーヌーボー解禁日です♪

探しものは・・・
[PR]
by latartine | 2005-11-17 01:51 | 私の好きなパリ

demain je vais aller a paris.

d0024264_5212078.jpg


さっき切符を買いにいってきました。

明日、パリに行きます。ここにいても見つからないものを探しに・・。
[PR]
by latartine | 2005-11-12 05:30 | 私の好きなパリ

秋のパリ

成田からミラノ。そして、ミラノからパリ。飛行機は、22時ころシャルルドゴールに着きました。荷物を受け取ってパリの市内まで。こんな遅くの到着ははじめて。エールフランスのリムジンバスで凱旋門まで。そこからタクシーでホテルまで。フランス時間で日付が変わる前にはホテルに辿り着きました。

次の日のお昼ころのTGVでブルゴーニュへ戻ってきたのですが、秋のパリがとてもすてきだったので、しばしお楽しみください。笑

d0024264_9334728.jpg朝9時前の朝焼けです。
これからどんどん日が短くなっていくヨーロッパ。
寝坊してもこんな朝焼け見れるならそれも悪くないかな。
















d0024264_935892.jpgメトロのMに黄色い落書きだらけの郵便ポスト。
それだけでパリらしい。
さらにギター弾きのパリジャンまで・・。

















d0024264_9345943.jpg秋の並木道に二人並んで
サイクリングしているように
見えますが、このひとたち、
マウンテンバイクに乗って
巡回中のポリス。

このマウンテンバイク巡回のポリス、選ばれたものだけなのか、
ヘルメットやユニフォームのせいかかなりかっこいい。

最近お気に入りのストリート
[PR]
by latartine | 2005-10-20 10:16 | 私の好きなパリ

私の好きなパリ~ボンマルシェとコンランショップ~

パリ最終章。エッフェル塔を思う存分満喫したあとは、同じ29番パスでボンマルシェへ。帰りのバスは、ボンマルシェの大通り側に停まります。

このボンマルシェ、こちらもギュスターブエッフェル作。そして、世界最古のデパート。ブシコー夫妻が、人によって値段を買えず、みんなが一定価格で自由にお買いものをできる場所をつくろうと発案したのがはじまりだそうです。香水売り場が、1階にあるのも、贅沢な香りでまずは、演出!が目的だったようです。そういわれてみると、化粧品売り場ってほぼ1階にありますよね。本館の中央の交差するエスカレーター(当時はもちろん階段!)や、吹き抜けの自然光が入る造りはさずがです。
d0024264_1391122.jpg

↑こちらは、正面入り口ではないけれど・・。ここのお向かいに、このボンマルシェの倉庫を改装して作ったというコンランショップ。↓
d0024264_140051.jpg

パリのショップは、ここだけになってしまいました。
ソルドで雑然としていたので、いつもの雰囲気では、なかったですが、選ばれたものたちが優雅に並んでいます。写真の入り口を入って下りるか、上るか、まず迷います。複雑な立体構成になっていて、管理するのは大変そうだけど、お客としては、楽しめる。半地下部分は、ガーデニングや、デザイン本、こどものおもちゃなど。中2階は、ソファーやテーブルなどが、並びます。家具は、どれもひとけた多いよねっていうお値段。そのソファーに座って携帯で話し込んでる人とか・・。フランス人らしい。今回目立ったのは、中国産ではあったけれど、漆の家具。日本のものに比べて塗りがちょっと荒いかんじがしたけれど、漆は、独特の雰囲気があっていいかも。それに、革張りのソファーとか、ガラスのテーブルとかがおいてある部屋でも違和感なくいけるかも(私の部屋とは、程遠い・・)。インテリアショップの家具売り場は、いつも現実逃避です・・笑。反対側の入り口、(家具売り場をおりるかんじで、ガーデニング売り場からは、のぼるかんじで)食器やバス、照明などの雑貨コーナー。そんなに広くかんじないけど、見ごたえ十分です。

あっ!デザート食べてなかった・・
[PR]
by latartine | 2005-07-08 02:31 | 私の好きなパリ

私の好きなパリ~エッフェル塔~

サンドイッチでおなかいっぱいになったあとは、エッフェル塔に向ってお散歩。

フランス革命100年の記念で建てられたエッフェル塔。(ちなみに200年記念は、ルーブルのピラミッド)パリ万博が終わったら取り壊されるはずだったこの鉄でできた建物は、いまでは、すっかりパリのシンボル。いつもなにかひとこと言いたいフランス人は、好きじゃないってひとが多いかな。私は大好きなんですが・・。
d0024264_16143816.jpg


d0024264_16154330.jpgこの繊細なデザイン、まるで、レース。ギュスターブエッフェル氏の鉄の使い方は、とても魅力的。日本ではなんとなく設計士と思われているけど、彼は技術士です。ボルドーにある彼の橋も、やっぱりひとあじ違う!ひとめでわかります。

この日は、昼間ですが、夜のエッフェル塔もさらに格別。日没後、(いまころなら、23時くらいからかな。)各0分から10分くらいこのエッフェル塔がきらきらします。ほんとにきらきら。ほかに表現できないのだけれど、これでは、ちょっとわかりにくいようで・・(汗)
なので、同じように留学してた友人も日本からきた友人も、旅行で来た親戚、家族も、とにかくこのきらきらにご案内。本物を見るときらきらのイミがわかっていただけるようで、みんなエッフェル塔のとりこです。(・・・たぶん)

はじめてフランス、パリを訪れたとき、エッフェル塔のイルミネーションをみて(そのときは、まだきらきらはなかったけれど)、「いつかフランスに住もう!」って直感的に思いました。もう、ほんとに直感的に。それをずーっと追いかけてきて、今にいたるわけなのです。遠回りや、寄り道もいっぱいしたけど、私にとっては、念願のフランス暮らし。

そして、そのとき以来のエッフェル塔好き・・笑

d0024264_1616337.jpgそんな思いにふけながら、ふいに現実に戻ると・・・
エッフェル塔に上りたい人々。すごい行列!!エレベーターも休まずフル回転。フランスは、この日から夏休み。ヨーロッパの国々も前後してきっと、そうだよね。

エッフェル塔と無縁のひとも・・
[PR]
by latartine | 2005-07-04 17:10 | 私の好きなパリ

私の好きなパリ~とっておきのランチ~

ひさびさにパリ。1日だけのパリジェンヌです。

午前中早々に用事を済ませ、バスに乗って移動。メトロより時間はかかったりするものの、私は、バスに乗るのが好きです。

この日の用事は、オペラ座周辺。ここから、95番のパスにのってサンジェルマンデプレへ。この95番のバスがとてもおすすめです。
d0024264_1851060.jpg

バスに乗って、名残惜しくオペラ座を後にして(オペラ座は、ほんとに美しい建物↑)、パレロワイヤルへ向います。ここの広場は、噴水があってきれい。私が好きなのは、パレロワイヤルの照明器具。なんともいえないレトロさが、今もそのまま。それらをちらりと見つつバスは、1台通るのがやっとのアーチを抜けます。すると、ルーブルの正面へ。ガラスのピラミッドのうしろにそびえたつルーブル宮。この日は、ここで結婚の記念撮影してました。いいねぇ、こんなとこで撮影されちゃうなんてと横目で見ながら、バスは、どんどん進みます。セーヌ河を渡るときにエッフェル塔が見えます。エッフェル塔をバックにセーヌ河。あーパリにいるのね!と思わずにはいられない。
でも、エッフェル塔とは、別方向に進みます。この辺は、ボザールがあるから、古美術商とか、画材やさんがたくさんあります。バスは、老舗三大カフェ、ドゥマゴ、カフェドゥフロール、ブラッスリーリップを通り抜けていきます。本日のテラスは、満席。みんな太陽を楽しんでるねぇ。ここでは、みんながパリジャン、パリジェンヌ。そうこうしてるとあっという間にサンジェルマンデプレ。モンパルナスの高層ビル(これは、きらい。)が見えてきて、交差点をすぎたあたりでバスを降ります。メトロじゃ味わえない束の間の観光気分。パリ満喫です。

すこーし歩いてボンマルシェへ。ここの食品売り場は、ほんとにすごい。私の今日の目的はサンドイッチ。そのあと、コンランショップの前から29番のバスに乗って、メイン目的地へ。7区は、ブルジョワが多く暮らしている地区。建物に平気でライオンの顔とかの彫刻。いいねぇ、こんなとこ住んでみたいねなどと思っていると、またまた登場エッフェル塔。

今日のランチは、パリでしか味わえないエッフェル塔を見ながらランチ。

お天気もよかったし、でも暑すぎないし、こんな季節にパリにくることもないかもってことで、パリまでの車内で思いつきました。
サンドイッチは、前回買って、期待してなかったのにめちゃくちゃおいしかったもの。
d0024264_1863755.jpgイタリアか、スペインのもちもちとしった固くないけど噛み応えのある少々粉っぽいパン。
ハムは、3種類から選びます(何のハムか忘れてましたが、イベリコでした)。私が選んだのは、iberique loco blanc(たしかこんなスペル。自信なし)イベリコの生ではないけど乾燥でもないちょうど中間のもの。それにルッコラ、チーズ、トマトソース。
結構大きいサンドなので、食べれないかもと思っていたのに、平気で完食!笑。トマトソースは、ドライトマトみたいに凝縮されていて、美味。これ、どうやってつくるか教えて欲しいくらい。チーズは、パルミジャーノレッジャーノかな。ハムは、中間を選んだのだけど、旨味凝縮で、油すぎず、さっぱりしすぎず、塩気も絶妙。これが、このパンととてもよく合います。ここのサンドイッチ、ハムは、あらかじめパンにはさんであるけど、トッピングのルッコラ、チーズ、トマトソースは、選べます。出来立てサンドは、やっぱりおいしい!!

そして、ふたつめのごちそうは、エッフェル塔。これは、パリでしか味わえない。レストランでのランチとも思ったのですが、気まぐれに外ランチ決行。初夏のパリはちょっと日差しが強かったりもしたけど、きもちいーい。パリ旅行の際は、お試しを!

つづく・・・

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-03 17:55 | 私の好きなパリ