<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

かるーく試飲会。

今日は、表彰式が口実のアペリティフ代わりの試飲会。今の時期年度末のフランスは、あちこちでこんな行事が開催されています。今日の授与者は、あのムッシュー。招待状をいただいたので、私も行ってきました。
d0024264_6125173.jpg最初の白ワインがグラスにつがれているところ。まだ、飲んでもいないのに、ピンボケ。
・・・ショック。
ここに写っているグラスは、ブルゴーニュ地方伝統的なもの。足が低いのとおおきめのチューリップ型が特徴です。

ムッシューのスピーチ。「ブルゴーニュワインは、品種の違いで楽しむんじゃなくて、大地の違いで楽しむもの!」このことばは、ほんとに奥が深い。生粋のブルギニヨンだねぇ。(このムッシュー生まれも育ちもブルゴーニュです)
ブルゴーニュのクリマ(区画畑)の複雑さは、賛否両論あるけれど、土の微妙な違いから味の違いがうまれるという考え方。この考え方、キライじゃないです。

そして、ボルドーとブルゴーニュは、よく比較されるけど何がそんなに違うのでしょう?
私がへぇと思ったのは、「ボルドーは、哲学で、ブルゴーニュは、産地。」

???ですよね。


ボルドーのワインは、何種類かの品種を混ぜて作れます。そうじゃなくても畑違いのぶどうとか。格付けもシャトーに与えられているので、シャトーのプルミエ(1級)、セコンド(セカンド)となるのです。年によって出来の違いのあるワインを一定の品質になるように、ブレンド。これは、思想をふんだんに使う。

だから哲学。

ブルゴーニュは、まったくもって別の考え。畑ごとに格付けがされていて、格付けが上になればなるほど、小さい区画になっていきます。異なる畑のぶどうを混ぜるのもなし。もちろん品種のブレンドは、禁止です。そして、さらに造り手ごとに味も違うし、ぶどうを収穫した年にもよる。まさに、農業が大部分。大地を知っておいしいぶどうを育て、シンプルに醸造。

なので産地。

私は、ブルゴーニュの赤が一番好きです。ワインの王様と呼ばれることが多いブルゴーニュワインだけど、実は、エレガントで気品がある、フェミニンなワインじゃないかと思ってます。一筋縄では、わかりえないとこに惹かれます(笑)

気になる本日のワインは・・・
[PR]
by latartine | 2005-06-30 06:07 | フランスワイン

グラース日記10

’’冷房あります’’は、フランスでは、日本の’’エビスあります’’と同じくらい、ちょっと気が利いてる特典!もちろん私の行ってるサロンドテには、ありません。窓全開!!今日も36度です。

本日の3種。ソルベよりもグラース派ですが、こう暑いとやっぱりソルベに惹かれます。
d0024264_614312.jpg

poire 洋梨。フランスに住んでいてうれしいことは、この洋ナシがいつでも気軽に食べられること。このソルベは、洋梨の果肉がちいさく、小さく入っていて、さっぱり甘くておいしーい。いくらでも食べられそう。色も涼しげな薄黄色!
canelle orange またまたシナモンオレンジ。なんだかすごーく食べたくなってしまって選んだもの。本日唯一のグラース。
peche de vigne (グラース日記4で登場済み)こちらもまたまた登場。こちら、大人気の一品。すごく人気があるんです。このまえ、友達の友達の日本人のひとに、おすすめありますか?って聞かれて、迷わずおすすめしたもの。子供にも大人にも大人気。それでいて、ここのスペシャリテ。ね、食べずにはいられないでしょ。

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-29 06:33 | グラース日記

クレマンが残ってしまったら・・。

今日も暑いです。溶けてしまいそうな暑さ。36度らしいです。これって体温と一緒?

こんなときには、スパークリング。
d0024264_2474795.jpgd0024264_2481457.jpg












アルザスのクレマン LAUGELは、スーパーで気軽に買えるスパークリング。でも、少々酸味が強め。そこで、食事前のアペリティフに、いちごのシロップをいれてみました。いちごとクレマンって意外と合います。このシロップは、いちごのマーマレードをつくったときのもの。

      このLAUGEL、大きなネゴシアンです。2本買うとこのおまけつき。
d0024264_2483782.jpg

      シャンパンストッパー(こんな呼び名だったかな?)!!

d0024264_2491384.jpgハーフだと種類も選べないし、割高。そんなお悩みは、このストッパーで解決!!きちんと密栓してくれるので、栓をして冷蔵庫へ。(ほんとに単純に栓をするだけでいいんす。)次の日空けても、ポンッってちゃんと小気味いい音がしてフレッシュなままいただけます。おまけだなんて、気が利いてるねぇ。シャンパンにも使えます。

シャンパンは、なかなかいただけないけど、クレマンは、お手ごろ価格で普段のみに最適。ひとりでも、少人数でもこれさえあれば、楽しめちゃいます。ふふふ。

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-28 03:11 | フランスワイン

morel社のpoivre

フランスといえば、ってわけでもないのですが、なぜかずっとフランスの胡椒挽きがいいと思っていた私。少し前に一生もの(になるかもね!)の胡椒引きを見つけました。それが、これ。
オリーブ専門店、O&COで購入。(ここのオリーブオイルかなり美味です)
d0024264_8142723.jpg
上下の木の部分は、オリーブの木が使われています。

オリーブ専門店のこのオリーブつながり、さすが!!

木のとりかたで、模様が微妙に違う。同じ模様は、ほぼない。
一点もの!?


d0024264_815745.jpg
ガラスの厚みわかりますか?最近は、プラスチックものが増えたけど、この雰囲気は、ガラスならでは!!

シンプルながら、このデザインは、かなり惹かれる。

カーブがとてもうつくしい。

あまり量は、はいりませんが、なんとも和むフォルムでしょ。


            そして、なんと25年保証。morel社のものです
d0024264_8155249.jpg


フランスに暮らす前、パリのデパートで買った胡椒引きも気に入っていたのですが、これとはまったく別物。挽きたての胡椒の香りが、ぜんぜん違う。(挽きたての胡椒の香りってたまらなく好きです)職人技の内臓の25年保証のメカのおかげ!!料理上手な気分です。

だんだん使いこなしていって、この木の部分がつやつやに味がでてくればいいなぁって思っているとこです。大事に使って、自分だけのアンティークになるのは、ほんと楽しみ!!

次なる野望は、車で有名、プジョー社からでているナツメグ挽き!(笑)

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-26 04:27 | 雑貨

グラース日記7

今日の最高気温も33度。フランス全国夏日を越して、酷暑。そのせいで、ボルドーでは、TGVの線路に、ストラスブールでは、トラムの線路でトラブル発生。パリは、雷雨で洪水気味。あちこちでトラブルだらけです。私の好きなパリの自然史博物館では、動物の剥製にひび。(冷房が壊れてしまったらしいです)

食欲は、落ちるのに、グラースは何故か普通に食べられてしまいます。本日は、この3種。
d0024264_3494791.jpg

coco ココナッツのソルベ。ココナッツというと今まで食べたことがあるのは、濃厚なアイス。(アジア系のレストランのデザートなどで)でも、これは、ソルベ。ひときわ白いココに惹かれていたのですが、なかなかタイミング合わず・・・。お味は、ココナッツのつぶつぶがちゃんと残るさっぱりしたお味。こんなのあり?なかんじです。ひそかに人気なココナッツ。納得!!これ、ほんとにおいしいです。フランス語では、noix de coco、(ノアデココ)この響きも気に入っていたりします。
pinacolada これは、coco (ココナッツ)ananas(パイナップル) rhum(ラム酒)がミックスされたグラース。ラムの香りがほどよくて、ココの味にほのかなパイナップル(←実はちょっと苦手です)。ラムレーズンでも使われていますが、お菓子で使われるラムは、ホワイトラム。ラムはウィスキーと同じで、私は普段、そのままではあまり飲まないけれど、ほんとに香りがよくっていい~。大人のアイスです。
abricot アブリコット、杏です。これは、なかなかねっとりとした濃厚なソルベ。杏そのものの甘さ控えめなお味です。きれいなオレンジ色が印象的。
個人的には、アブリコは、生のままタルトかコンポートが好きかなー。

今日の帰り道、パンプスを片手に裸足で歩いているフランス女性を見かけました。理由はわからないけれど、石畳の道だったので、なんだか気持ちよさそうでした。ちょっと真似したい衝動にかられました。(抑えたけど・・笑)暑くなると、いつもよりいろいろどうでもよくなるよね!?

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!


P.S.グラース日記よくみたら7が抜けてました。なので、暑さにまぎれてつけたしてみました(笑)
[PR]
by latartine | 2005-06-24 04:11 | グラース日記

グラース日記9

週末から毎日真夏日。毎日30度を超えています。夏なのは、いいけれど、この暑さでかなり体力消耗。今年のフランスの夏は、2年前の猛暑到来なのでしょうか?この暑さ、しばらく続くそうです。。。

本日は、グラース3種。なんとなく選んだけれど、どれもハーブ、植物系もの。
d0024264_815878.jpg

reglisse mure 昨日食べたものは、インパクトがなかったってことで、今日は新しく別のレシピでつくったもの。こちらは、違いをわかるようにと、味見指定されました。カンゾウの味が口に程よく残って、それにしても同じものとは思えない色と味!シナモンも、パンデピスの混合スパイスも、スパイス系は、好きなのでこのくらいのインパクトある方が好き。私は断然、この新バージョン派。って言っても、カンゾウの入ったグラースって聞くとあんまり選ばないかも。
rhum raisinこれは、前にも味見したかもしれないと思いつつ、選んでしまいました。白葡萄のレーズンが入ってます。かなりゆるーいアイス、溶けているのかと見間違うほど。。ラムの香りが広がって心地いい。シナモン味のクッキーと一緒に食べたいなぁと思いました。
作りかたが違うのかこっちのレーズンは、甘みが強くてジューシー。(日本のものは、乾燥しすぎな気がするのですが・・)シナモン味のクッキーと一緒に食べたら、きっとさらにおいしさ倍増なはず。
choco menthe 実は、この味苦手でした。ミントのアイスクリームって冷たいので、スーッとする感が倍増して、どうも好きになれなくて。さらに、そこに甘いチョコ。この組み合わせは、邪道って思ってました。(笑)でも、ところが、このグラースは、やっぽりすごい。ミントのスーッと感が強すぎなくて、チョコは、カリカリとするものが入ってます。甘すぎないチョコとカリカリと程よいさわやかミントがなかなか。太陽がまぶしい夏の日に木陰で食べたいグラースです。

レギュラーは、ほとんど味見をしたかなってとこです。まだすこーし残ってるのは、日本でもおなじみのものや、希少価値のもの(タイミングが難しい・・)

フランスのグラースは、季節限定。ここも7月の途中から1ヶ月のヴァカンスに入るのでチャンスは、あとすこし。果たして40種類制覇なるか?!

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-23 08:10 | グラース日記

夏の白ワイン

夏至の今日は、フランス全国音楽祭。いつもは、騒がしいなんてことない場所なんですが、家のなかまで音楽が聞こえてきます。ラジオからも音楽祭の生放送~♪

去年は、ひとまわりしてみたのだけれど、そんなにどこから集まってきたの?ってくらいひと、ひと、ひと。なんとなく、今日は断念しました。

さっきまで一緒だった友人もいそいそ出かけました。一緒にあけたワインが残っているので、ひとりで続行。今日のワインは、bourgogne aligote 2001です。アリゴテは、酸味がとても強いといわれているワイン。食前酒で有名なキールの正式な作りかたは、このアリゴテ2/3とカシスのリキュール1/3で割ったもの。(こちらもブルゴーニュ名物!!)キールももちろんおいしいんですが。。

きちんとしたドメーヌが造るアリゴテは、そのままでもほんとにおいしいんです。きりりと冷やしていただくと、酸味の強すぎないさわやかなすっきり白ワイン。クーラーで冷やしておくのもいいんですが、ほおっておくと常温になってきて、だんだんと香りと味が強調されるのも楽しめます。
私は、これが好き。ワインって花のようにどんどんと変化していくんですよねー。口に入れる前は、それほどなかった香りが、口に入れるとたちまち広がる。心地いい~。今日のアリゴテは、白い花のイメージ。きりりとした清楚なワイン。きれいなargente(銀色)です。中身の濃いワイン、かなり魅力的、だって味わうまでわからないんですからねー。そんな女性になりたいです!!

               本日のおつまみは、お手製グジェール。
d0024264_5242148.jpg

            今日は大成功でした。コツがつかめてきたみたい。
このグジェールもブルゴーニュ名物です。シュー生地にチーズが入った塩味のシュー。今日のチーズは、グリュイエール。最近毎週通っているクレームーリーのもの

d0024264_5251212.jpgd0024264_5254438.jpg









↑こちらも名物、ジャンボンペルシエ。手作りハムをテリーヌ型にして、にんにくをきかせたもの。上の部分にパセリのジェリーが。これには、欠かせないピクルスも添えて。シャルキュトリー(お惣菜やさん)の定番メニュー。美味。↑こちらは、パイ生地にいろんな具をのせたかるーいおつまみ。一口サイズ。土曜日限定品のお店のもの。パティスリーでも塩味のものが買えるのは、いいよね。

さらに・・
[PR]
by latartine | 2005-06-22 06:06 | フランスワイン

フランスの宿泊スタイル。

フランス人は、ご存知の通り夏に平均3週間、冬に2週間とバカンスをとります。フランス式バカンスは、何もしないことが贅沢。太陽のもと、のんびりリラックスが極上!!

ホテル以外のフランスの宿泊スタイルは・・。

フランスの家庭料理は、レストランとは、また一味ちがっておいしいもの。それを味わいたいなら、CHAMBRE D'HOTES。フランス家庭のあいている部屋を借りて食事(朝だけだったり、夜もあったり。これは、CHAMBRE D'HOTESごとに違いますが)もその家庭の人と一緒に。B&Bスタイルです。少人数だったり、地方の家庭料理がいただきたいなら、こちらがおすすめ。最近は、マッサージ付とかファーム体験付とかオプションもあるみたい。ただ、車がないといけない場所が多いのが、難点かな。

そして、今回パーティ会場にもなった貸し別荘スタイル。    ↓のマークが目印d0024264_16323167.jpg
d0024264_1633942.jpg

では、中も見てみましょう!!
[PR]
by latartine | 2005-06-21 06:50 | できごと

ブルゴーニュの田舎で誕生日パーティ2

夜な夜な続いたパーティをひきあげ、納屋のとなりの建物で就寝。私は、夜のパーティと泊り込み(遅くなるからね!)ってことしか知らされてなかったのですが・・。

朝ごはんを庭で食べ、しばらくご歓談。
d0024264_6364268.jpg

昼近くになると、昨日のメンバーがひとりふたりと現れて・・
アペリティフがはじまりました。今日の飲み物は、クレマンにレモンとコニャックを入れたというカクテル。お昼に飲むのにぴったりです。昨日の夜は、少々冷え込んだけれど、昼間は暑いくらいだったので、納屋の木陰にてのランチ.

d0024264_6373736.jpgこちらもビュッフェ形式。ゆっくりワインを飲みながら、自分のペースで好きなだけいただけます。それにしてもフランス人、食べる、しゃべる、飲む、しゃべる。
もちろんアペリティフの後は、ワインも。ボジョレーヴィラージュとボルドーメドック。ここでいただいたボジョレーは、赤いフルーツの香りが心地よく外でのランチによくあいました。

私が泊まった部屋は・・
[PR]
by latartine | 2005-06-20 22:08 | できごと

ブルゴーニュの田舎で誕生日パーティ1

フランスにきて、驚いたこと;フランス人は、誕生日会好き。いくつになっても。
自分の友達を呼んで、自宅でパーティ。祝ってもらう人がぜーんぶ用意します。自分が祝ってもらいたい人を呼ぶので、そこで、友達になったり、1年に一度の再会だったり、1年前と顔ぶれが違ったり、いろいろです。

スタージュ先のシェフニコラが、40歳のパーティ。これは、奥様ヴァルの秘密企画。田舎のgitte(貸し別荘)で50人くらい招待して、かなり盛大。節目の年は、いつもより大きなパーティをするというけど、50人は、かなり珍しいとか。

私も招待客のひとりとして、行って来ました。もちろん日本人はひとり(日本代表!!)。大きな農家の家をきれいに改装した建物の横の納屋で、パーティ。パーティと言っても堅苦しいものではなくて、ビュッフェ式のカジュアルなもの。まずは、ひろーーいお庭の片隅で、アペリティフ。サングリアとおつまみの数々。食にうるさいひとが多そうなあつまりだったので、ビュッフェのお料理もすべて手作り。かなり美味。ワインもアルザスの白からはじまり、98年ジュブレシャンベルタンのマグナムまで。うーん、しあわせ。

まんまとだまされたシェフニコラ、自分でデザートつくってました。(おかしいと思わなかったのかなぁ・・)お店にはないオリジナル、旬のフレッシュな桃と洋梨のタルト。桃のタルトは、ほんとにおいしかったー。
d0024264_20164412.jpg
←桃のタルト。









d0024264_20171223.jpg
洋梨のタルト→








田舎なので、お隣が遠い=大音量OK。ってことで、大きなスピーカーまで持ち込んで、ダンスタイム。
d0024264_2081261.jpg
広い庭で。屋外ディスコです。ダンスと言ってもリズムにあわせて勝手に踊る、おどる、オドル。子供も大人も、みんな楽しそう。

このパーティは、夜な夜な続きました。・・・つづく。

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-19 20:30 | できごと