<   2005年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

グラース日記14

もうすぐ7月もおわりですね。今年の夏は、ほんとに暑い。台風の次の日は、からっとしていたのに、今日はかなり高い湿度。

ストックしておいたグラース日記もとうとう最終回。
最後になって、食べたことのない味が・・
d0024264_22464549.jpg

mure;ブラックベリーです。カシスともブルーベリーとも違うちょっと大人なフルーツ。あんまりなじみのないフルーツですが、おいし~い。もう一回食べたかったな・・。
griotte;さくらんぼの名前です。このさくらんぼのリキュールもあります。ふつうのさくらんぼよりも濃厚、これが、食前酒になるといい味なんです!!ブルゴーニュは、赤い実類も隠れた名産だったりします。地元の人は、これもちゃんと知っていて、これなんですか?って聞かない、さすが!
vanille;最後はやっぱり王道バニラです。バニラビーンズたっぷりの甘すぎない濃厚で、さっぱりとしたバニラ。シンプルなだけに、ごまかしがきかない。こんなにおいしいバニラのグラース、なかなか出会えない。

グラースを買いに来る人は、いろ~んなひとが・・
[PR]
by latartine | 2005-07-29 23:45 | グラース日記

フランス語は、数が数えられない?!

ちょうど、日本に帰国したころだったかな・・かなりこの話題テレビで放送されてました。

石原都知事が、「フランス語は、数が数えられないから国際語には不適」と発言しちゃったんですよ。ご存知ですか??

そして、友人から送られてきた、ニュースのその後。ななかやるねぇ!と感心しました。都知事の反応がちょっと楽しみ!

フランス語の学校を経営している人たちとフランス語が母国語って言う人たちは、もちろん反論。フランス人は、計算ができないよばわりでした。フランス語の数の呼び名は、確かに特殊。(同じフランス語圏でもベルギーは、別の方法をとってるみたいですが。。)
たとえば、91=4×20+11 と表現します。一番むずかしいのは、電話番号をいうとき。フランスは、電話番号を二桁ずつ言います。
たとえば、12 34 56 78 90
60以下の場合は、いいんですけどねー。78=60+18 と表現します。なので、はやとちりしちゃうと60 18ふたつの数字になっちゃうのです。実際会って紙に書きながらなら確かめられるけど、電話では、かなり難しいです。(まだまだ電話、苦手です・・汗)

あと、フランスでびっくりしたのは、お買い物のおつりの計算の仕方。
たとえば、2ユーロのお買い物で10ユーロを出した場合。
日本だったら、10-2=8ユーロ。8ユーロのお返しです。
でも、フランスでは、まず、2ユーロの商品、そして、1ユーロコイン、2ユーロコイン、5ユーロ札で、10ユーロ。2ユーロの商品+8ユーロ=10ユーロ。

違いわかっていただけますか?

フランスは、引き算じゃなくて、足し算。この感覚、物々交換っぽくて気に入ってます。

フランスは、カード社会、さらに、小切手もまだまだ普及してるし、現金買いは、小さなお店とかマルシェが多いです。だから、余計にそう思うのかもね。

そうそう、小切手便利だけれど、なかなか活用してません。だってね、数字をフランス語のスペルで正しく書かなきゃいけないんです。これまた、至難の業・・・汗。


Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-26 21:28 | できごと

NONNAさん。

d0024264_0481134.jpg

NONNAさんをご紹介。

売られているときからこの名前。

スカート部分が、

チーズ卸になっていて、

すそは、ゴムなのですべらない。

なかなかのすぐれもの。

それよりなによりキュートでしょ。





d0024264_0475160.jpg

後姿。

前とうしろでは、卸かね部分が

違うところもまた、すてき。

くるくる回すタイプのチーズ卸も

かわいいのだけど、この手軽さと

かわいさでNONNAさんの出番

急増中!!

こんなふうに・・・
[PR]
by latartine | 2005-07-25 01:20 | 雑貨

グラース日記13

グラース売りをしていても、トリプルって言われると、えっと思うくせに、気づいたら、自分は、しっかり食べ続けてました(笑)。こうなったら、最後までトリプルで!!

d0024264_151026.jpg
この日は、久々にcaramel nutelaキャラメルヌテラ登場!!もうすぐ帰国日ってとこだったので、これは、食べておかなくちゃ。キャラメルが大人なほろ苦さ、ときどき、ヌテラがでてきて、ほんとにおいしい。これ、はまる。
そして、きれいなオレンジ色は、melonメロンです。フランスのメロンは、日本のメロンみたいに外皮に、しわというか、模様があるんだけど、中は、夕張メロンみたいなオレンジ色。このソルベそのものの色です。さっぱりだけど、意外と濃厚。ニコラシェフ曰く、メロンは、選ぶものによって味が左右されるから、難しい・・・。このメロンのソルベは、メロンそのもの。
そして、手前左は、pistacheピスタッシュです。緑のイメージが強いけど、ここでは、ナチュラルな色そのもので。刻んだ、ピスタッシュも入っています。ナッツ系のきらいなフランス人はいないのかなぁって思うくらいみんなピスタッシュ大好きです。人気の1品。

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-23 01:23 | グラース日記

アイスコーヒーは、ありません。

コメントでも質問いただいたのですが、フランスには、基本的にアイスコーヒーもアイスティもないんです。

パリにはスタバがあるけれど、あれは、アメリカだしね。フランス式なカフェにはないのが普通です。

フランス、暑い夏のカフェメニューは、ペリエやエビアン、オレンジーナ。コカコーラもね。オレンジジュースは、絞りたてがいただけます。そして、白ビール、キールなどのかるめのアルコール。それか、暑くても熱ーい紅茶やカフェ。
ミネラルウォーターと白ビールは、ほぼ同じ値段。テラスでいただく白ビールは、最高!さっぱり飲めてしまうのでついつい私は、白ビール。

あっ、今日は、ビールの話じゃなくて、アイスカフェのはなし。d0024264_0175026.jpg
気温が急激にあがったときに、
「どうしてフランスにはアイスコーヒーがないの?」
って私も聞いたことがあります。そしたら、
「どうやってつくるの?」って。

・・えっ??

氷に濃い目のコーヒーを注ぐって感覚がないみたいです。
アイスティは、ときどきあったりします。玉露もおいてあるこだわりサロンドテで一度お目にかかりました。
お茶を冷やすっていう感覚もないみたい。一度、冷茶をつくっていったら、最初はすごーく倦厭されて、でも飲んでみると意外と受けいられるみたいで気に入ってくれました。でも、そのときも、これ自分でつくったの?って聞かれたような・・。

ちょっと意外ですよね!フランスにアイスコーヒーがないなんて・・。

ところで、最近豆乳入りのカフェオレ見かけました。これって流行ってるんですか?

Bonnee journee!


フランスにアイスコーヒーがないなんて知らなかった?!へぇー。
ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-21 00:26 | カフェ

暑い夏のお茶 infusion~tahiti~

関東、梅雨明けです。
お天気いいのは、うれしいけれど、じとーっと暑くて、ばてばてです。もう、とにかく、冷たい飲み物を探し求めます(笑)

フランスでは、通常冷たいお茶やコーヒーがないのだけど、このinfusionは、アイスでもおいしいはずって冷やしてみました。色もきれいで、ほどよい酸味がさっぱりおいし~い!
d0024264_12347.jpg


フランスで、ハーブティは、infusion(アンフュージョン)といいます。カフェのあととか、夜眠れなくなるからとか、アンフュージョン好む人結構多いです。ファーマシー(薬局)にも目的にあわせたブレンドハーブティが売っていたり。。。
ヴァーベナ、ミントなどは、定番だけれど、肌荒れにも効果があるというこのハイビスカスティに注目!!
これは、フレーバーティになっていてベースのハイビスカスにいろんなフレーバー。私のお気に入りは、’’tahiti’’vanille(バニラ)の香りです。ハイビスカスの酸味にヴァニラの香りが癒されます。おすすめは、はちみつをいれて。

冬には、ホットで。ケーキなどにあわせるには、ちょっと個性が強いけど、ほっと一息のブレイクタイムには、とにかくおすすめなお茶です!tahitiっていうネーミングもかなり気に入っていたりします。その名前だけで、リラックスしちゃうよね!?

Bonnee journee!


tahiti気になる~!!ブログランキング1クリック、応援してね!!
[PR]
by latartine | 2005-07-19 01:08 | できごと

グラース日記12

フランス、グラース日記もうすこし。

d0024264_211587.jpg

今回は、グラース3種。今日は、大人なチョイスにしてみようと、カフェ、スパイス系、そして、ウィスキーと。

初物は、cafeフランス人マダムに人気の1品です。なぜだかわからないのだけど、コーヒー味のケーキや、グラースを好むのってほぼマダム。グラースは、クリームがはいっているので、カフェオレ味って私は思います。ここのカフェ味。グラースに限らずファンが多い。しっかりとカフェの味がしておいしいです。
pain d'epice これは、2度目かな?ブルゴーニュ名物、パンデピスのスパイスを使ったグラース。観光客も珍しがって買っていきます。ちょっと冒険な選択だけど、くせになるおいしさです。お菓子道具やさんでは、パンデピスの調合スパイスが売っているくらい地元では、人気のお菓子です。
creme whiskyこちらも2度目。ウィスキー飲まないのにこれは、ほんとにおいしくいただける。さっぱりなのに、クリーミーで香りがウィスキー。もちろん、ちゃんとほのかにアルコールは、感じますが。。


今日、テレビでみたけれど、最近男性向けのスィーツ流行ってるんですね!ネット販売がかなり好調とか。(やっぱりお店に行くのははずかしいのかな?)日本も男女関係なく甘いものが堂々と食べれるといいのにね。


P.S.東京のグラースやさん、おすすめの味、おすすめのお店があればぜひおしえてください。おすすめパティスリー情報も、ぜひ!

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-17 02:21 | グラース日記

プチフランス~東京日仏学院~

ここは、私のフランス語の原点。東京日仏学院です。近くまで行ったので寄ってみました。
最初に訪れたのは10年くらい前になります。(・・はやい)
たしか、雑誌で紹介されてたここの図書館に惹かれたのがきっかけ。図書館の奥のはしご付の本棚は、今も変わらず(ちょっと安心)。でも、残念ながら、受付とか図書館の入り口付近とかイマドキにきれいに改装されてました。

この建物は、ル・コルビュジェと一緒に働いていた建築家、坂倉準三氏設計です。
東京日仏学院の外観は、こちら。 私が好きなのは、本屋さん脇の入り口から3階まで一気に上る廻り階段。広いバルコニーのある教室といくつかの教室があります。段差が微妙に違ったりしてる階段もなんだかとても好き。いくつもの入り口や、迷ってしまいそうな構造も。

d0024264_0383897.jpg

その建物の1階。東京だというのに、緑たっぷりー。雰囲気もいい。こんなとこで、本でもゆっくり読みたいなぁ。

フランス語を習いに通っていた頃、ここにあるレストランのクレームキャラメル大好きでした。すごーくシンプルなものなのだれど、そのシンプルさがなんともね。(今は、経営者が変わってしまって、もう食べることはできないのだけど。。)学院生のあいだで評判だったんですよ。お茶だけとかもできたので、ときどき授業のあとに寄ったりして・・。学期の最後の授業のあと、ここでみんなでランチを食べたりもしました。フランス人の先生を囲んで。職業も年齢も違うのに、みんなフランス好きでやってきていて、そういうのも新鮮でした。会社にいると、そういう出会いって少ないでしょ。

懐かしい・・。

帰りに・・・
[PR]
by latartine | 2005-07-15 01:41 | JAPON

グラース日記11

今、日本ですが、グラース日記を更新。

d0024264_1274465.jpg


orange sanguine ;オレンジなんですが、果肉のスジに赤色が。グレープフレーツの
ルビーのような感じというとわかってもらえるでしょうか?普通のオレンジよりもさっぱり。
でも味がとてもしっかりしてる、意外と濃厚です。暑い夏にぴったりのソルベ。
rhubarbe;右のきれいなピンク色。酸味が強くてくせはあるけど大好きです。この日は、
何故か酸味のあるものに惹かれました。ルバーブってなんだかくせになってしまいます。
citron;レモンのソルベ。レモンってシンプルなだけに、おいしいソルベってなかなかないですよね。
さーっぱり、心地いい酸味。きれいな純白も清涼感アップ。

日本では、グラースやさんに行ってません。でもふつうのスーパーで売ってるバニラのアイスにちゃーんとバニラビーンズが入っていてびっくりしました。

私は、毎朝カフェオレを飲みますが、日本とフランスでは、牛乳の味が違う気がします。どうってうまく説明できないけれど・・。どうでしょう??

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-15 01:36 | グラース日記

空中イタリー

無事日本に到着しました。


d0024264_2152985.jpg

パリからミラノ経由で成田まで。ヨーロッパの夏休みもはじまった7月2回目の週末のフライトは、ほぼ満席。


直行便のほうが便利だけれど、乗り継ぎ便は、飛行高さが遠距離便より低いので、雲のすきまから小さく地上が見えて立体地図が楽しめます。川が見えたり、畑が見えたり、街が見えたり。
d0024264_2172498.jpg


ミラノまでは、フランス語アナウンスもあったけど、ミラノからは、イタリア語と英語。(どちらもわかりません)そして、ものすごく簡単に日本語。必要なときだけのサービスも私は、好きです。

機内食もなかなか。まぁ機内食なので限度はあるけど、ワインもあったしね。
ミラノまでのサンドイッチボックス。シリアルのパンにハムとチーズとドライトマト。
ビスコッティ生地にジャムのデザートにジェリーボンボン付。↓
d0024264_2181997.jpg

↑ラザニア風のグラタン。チキンのトマトソースなど、イタリア気分満載。
 お魚もついていて、さらにチーズにクラッカー。デザートは、ネッスルの
 アイスクリームサンドでした。
         最後は、朝食。イタリアのしっとりクロワッサンに、ふつうのパン。↑
         パンにジャム。いちごのヨーグルトも酸味がなくておいしかった。
         ほかの食事にはなかったのに、朝は、コーヒークリーム付でした。
         朝はカフェオレ派の人多いのかな。ちょうどよい量でした。

ひこうきの中といっても十分お国柄がでるなぁって思いました。今回は、地上のイタリアは楽しめなかったけれど、空中イタリー、なかなかでした。

d0024264_2311870.jpg


そんなわけで、ひさびさの日本楽しみますっ!!

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-07-13 02:35 | できごと