buche de noel

フランスでクリスマスケーキといえば、buche de noel
先週末くらいからあちこちのパティスリーのウィンドーで見かけるようになりました。だいたい4人分からが普通かな。最初みたときは、これって、予約を受け付けるためのプレゼンテーションかと。

ところが、予約してまで買っていく人が多い。それもノエルにはちゃんとノエル用のケーキを注文。

この時期限定のものだから1度じゃ物足りないから?
デザートは最後にいただくものなので、絶対はずせないから?
とにかく、フランス人のデザートにかける情熱は、すごいです。人気のパティスリーでは、ノエルの当日、予約の自分のケーキを受け取るために並ぶのも珍しくない光景。そして、結構意外なのが、こういうときのフランス人ってちゃんと列をつくっておとなしく待つんですよ。

そして、この時期限定、お一人さま用 『buche de noel』 も登場。先週末は、これをいくつか買って味見っていう人もいました。そのあと電話で、あのケーキをってご注文。ほんとに、すごい気合!!
あと、家族みんなチョコレートが大好きだけど、息子一人だけがきらいとか、そんなわがままにも対応のため。これは、なかなか気がきいてるよね。ひとりだけ、bucheじゃなかったら、気分は、かなり盛りさがってしまうと思うもの。

d0024264_7111128.jpg

ということで、便乗で、いただきました。

私が味見したのは、まわりがアーモンドベースのスポンジ生地に、中にプラリネクリームと歯ごたえのするようにヌガティン(プラリネをキャラメリゼしたもの)、それにフランボワーズ(ラズベリー)の実が丸ごと入ってます。(赤い実系、大好きです)歯ごたえの違いが絶妙なバランスで、甘すぎないクリームもおいしくて、大好きなフランボワーズは、とてもよいアクセントになっていて、ひとくちひとくちがしあわせな味でした。
そのほかにも数種類味見をさせてもらったけれど、これが、1番好き。

ちなみに、やっぱりノエルの人気はチョコレート系。

そして、さらにこの人たち、新年にもパーティをして、ケーキを食べます。こちらは、フルーツ系が人気。ノエルには、フォアグラ、七面鳥などなどとにかく食べて、食べて、食べつくすから、新年はかるくってことなんでしょうね。(それでもデザートはかかさずなのよね。)
そして、1月の最初の日曜日(来年は、日曜日が1日なので、8日ですが)にいただくガレットデロワへと続きます。


フランス人の食欲はすごい!!
1クリックシルブプレ!!
人気blogランキング

[PR]
by latartine | 2005-12-22 07:37 | フランス食
<< 2日遅れの・・ パリのイルミネーション >>