2005年 06月 03日 ( 1 )

試飲の授業(赤ワイン1)

今回の試飲は、赤ワイン。テーマは、同じく品種の特徴をつかもう!なのですが、先生が違うためやり方も違いました。ひとつのグラスで1から4のワインを順々についでいき、香りと味を記憶します。4つのグラスでは、もう一回香りをとか、これとこれの色の違いとか、比べることができましたが今回は、自分の記憶だけが頼り。

d0024264_8474947.jpganjou village brissac 1996 
Cabernet Fran(カベルネフラン)

オレンジがかった赤色。そして、プルーンと緑こしょうの香り。少々苦味がありますが、しなやかなワイン。96年ものだけあって、まろやかさはかなりでした。香りもすこしづつ開いていくかんじ。








d0024264_8471093.jpgVDPD de l'herault 2002→ 
Merlot(メルロー)

色は、青みの強い赤。香りがとてもいいワイン。フローラル、赤い実のフルーツなどって表現しました。味も香りそのままフルーティでしなやかなワイン。










d0024264_848219.jpgladoix 1er cru le bois roussort 1999 
Pinot-noir(ピノノワール)

色は、ちょっと茶色がかった赤。香りは強くないですが、ベジタルで、スパイスをかんじ、ピノノワールとわかりました。ちょっと皮の香りもします。クラッシックなピノノワールの味。








d0024264_8484413.jpgVDPD coteaux de L'ARDECHE 2003
Sylah(シラー)
青みがかった赤。ジャムやスパイスの香りがします。メルローほどではないですが、香りもきちんと主張します。タンニンのバランスもよいワイン。










赤ワインの試飲は、白よりも難しいです。試飲をしている間に香りも味もどんどん変化していきます。ワインは、生きているっていうけど、ほんとにそうだと思います。造り手によっても、年代によっても、品種や産地によってもほんとにいろいろ変わってきます。ここから好きなワインを見つけるのってほんと難しい。

今年の葡萄の花は、そろそろ咲くみたいです。例年よりちょっと早いみたい。気温の変化は、あったものの朝晩の急激な寒さがなかったおかげとか。いまのところは、かなり順調なようです。(ヴァンダンジュが終わるまでは、気が抜けません!)どんなワインになるのか、ほんとに楽しみ!!


Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-03 05:11 | フランスワイン