2005年 06月 23日 ( 1 )

グラース日記9

週末から毎日真夏日。毎日30度を超えています。夏なのは、いいけれど、この暑さでかなり体力消耗。今年のフランスの夏は、2年前の猛暑到来なのでしょうか?この暑さ、しばらく続くそうです。。。

本日は、グラース3種。なんとなく選んだけれど、どれもハーブ、植物系もの。
d0024264_815878.jpg

reglisse mure 昨日食べたものは、インパクトがなかったってことで、今日は新しく別のレシピでつくったもの。こちらは、違いをわかるようにと、味見指定されました。カンゾウの味が口に程よく残って、それにしても同じものとは思えない色と味!シナモンも、パンデピスの混合スパイスも、スパイス系は、好きなのでこのくらいのインパクトある方が好き。私は断然、この新バージョン派。って言っても、カンゾウの入ったグラースって聞くとあんまり選ばないかも。
rhum raisinこれは、前にも味見したかもしれないと思いつつ、選んでしまいました。白葡萄のレーズンが入ってます。かなりゆるーいアイス、溶けているのかと見間違うほど。。ラムの香りが広がって心地いい。シナモン味のクッキーと一緒に食べたいなぁと思いました。
作りかたが違うのかこっちのレーズンは、甘みが強くてジューシー。(日本のものは、乾燥しすぎな気がするのですが・・)シナモン味のクッキーと一緒に食べたら、きっとさらにおいしさ倍増なはず。
choco menthe 実は、この味苦手でした。ミントのアイスクリームって冷たいので、スーッとする感が倍増して、どうも好きになれなくて。さらに、そこに甘いチョコ。この組み合わせは、邪道って思ってました。(笑)でも、ところが、このグラースは、やっぽりすごい。ミントのスーッと感が強すぎなくて、チョコは、カリカリとするものが入ってます。甘すぎないチョコとカリカリと程よいさわやかミントがなかなか。太陽がまぶしい夏の日に木陰で食べたいグラースです。

レギュラーは、ほとんど味見をしたかなってとこです。まだすこーし残ってるのは、日本でもおなじみのものや、希少価値のもの(タイミングが難しい・・)

フランスのグラースは、季節限定。ここも7月の途中から1ヶ月のヴァカンスに入るのでチャンスは、あとすこし。果たして40種類制覇なるか?!

Bonnee journee!


ブログランキング参加中。1日1クリック応援してね!!

[PR]
by latartine | 2005-06-23 08:10 | グラース日記